粉末油吸着材"クリーンスイープ"を使ってもうまくオイル汚れが取れない条件とは?

粉末油吸着材"クリーンスイープ"を使っても

絶対的に取れない条件があります。

クリーンスイープの粉末が届く範囲で、且つ水分があれば

吸着して、取り除くことができます。

しかし、粉末が届かない箇所には、効果が出ません

【例】

1,コンクリートの中

  コンクリートは浸透性が高く、表面にこぼれたオイルは

時間と共に急激に浸透していきます。

  ただし、表面の油分はしっかり取れますが、

油染みはしっかり残ります。

 

2,ブロック

  これもコンクリート同様浸透瀬が高いため、

中に浸透したオイルは除去できません。

 

3,中和剤を使って処理した後のアスファルト

  何も処理を施していない一般的なアスファルトであれば、

問題ありませんが、食器用洗剤をはじめとする中性洗剤や

いわゆる中和剤と言われているものを使って、

残ってしまったオイルには効果が非常に薄くなります。

理由は、化学製品を使うと油の分子が細かくなって、

取れやすくなる一方で、アスファルトの中にも浸透しやすくなり

油染みが残りやすく、また水処理をするため、

逆に広がりやすくなります(この処理で失敗した方も多いはず)。

クリーンスイープは様々なプロの現場で活用されていますので、

こんなところで使えないかなとお悩みの際には、ぜひご相談下さい。