水素水の作り方

巷には、たくさんの種類の水素水関連商品が溢れています。

でも、水素水ってどうやって作られてるんだろう?

と疑問をお持ちの方も多いと思います。
水素水の作り方は大きく分けて4つあります。

電気分解方式
  
様々なフィルターでろ過した水を、直接電気分解し、水素を発生させ水に溶解させる。
  【メリット】  全国一定品質の水素水を生成。飲みたい量だけ採水可能。
  【デメリット】 サーバー導入に費用がかかる。


化学反応方式
  
マグネシウム合金のスティックやタブレットを水に浸け、化学反応で発生させた水素を
  水に溶解する。
  
【メリット】   コップ一杯の水があれば生成可能。
  【デメリット】  マグネシウムの取り過ぎによる、マグネシウム血症の懸念。


圧力・曝気溶解方式
 
 水素ガスを別途用意し、圧力や曝気(ぶくぶく)で水中に水素ガスを溶け込ませる。
  【メリット】  様々な原水に水素を溶解させることができる。
  【デメリット】 物理的な溶解のため、水素の保存性に難あり。


天然採水方式
  特殊な岩盤層を通過した地下水が、比較的多くの水素を含む事がある。
  【メリット】  産地による差別化ができる。
  【デメリット】 他の方法に比べ、水素濃度が1/10~1/100程度と薄い。




 ㈱ファインファーム取扱いの水素水サーバーい~水H₂は、「電気分解方式」の

水素水です。

 カーボンフィルターよりも更に性能の高いRO膜(逆浸透膜)フィルターを使って、

水道水をろ過します。純水にまで近付けた非常に綺麗なお水を電気分解してい

るので、嫌な臭いも嫌な味もないまろやかな口当たりの美味しい水素水をお飲み

いただけます。RO膜フィルターを搭載したサーバーですので高性能浄水器付

水素水サーバーとも言えます。