株式会社ファインファーム

〒 891-0105
鹿児島県鹿児島市中山町2141-1

  • 電話:099-230-7141
  • FAX:099-230-7142

ベトナム・ハノイの水道水を測定

 4月中旬既にベトナム・ハノイの気温は30度超。

 相変わらず高い湿度と汚い空気。

 
 さて、ハノイの水道水ですが、東南アジアで生水を飲んだり氷を食べてお腹を壊した、

という方もいるかと思います。

 ハノイのホテルから水道水を持ち帰り、㈱ファインファームにてPh、EC、ORP値を測定してみました。
◇採取日   2016年4月15日
◇採取地   ハノイ市内新市街のホテル
◇測定日   2016年4月15日
◇測定場所  ㈱ファインファーム

【結果】
 ■
PH    8.1      (弱アルカリ性)
 ■
EC   49.4 s/m (不純物が多過ぎます)
 ■
ORP  +256mv  (思った程酸化が強くありません)

 EC(電気伝導率)の値が高いということは、不純物が水の中に多量に含まれているということです。

㈱ファインファームの水道水の場合ですと、だいたい15 s/m前後ですので3倍以上不純物が混入

していることになります。ミネラル分はじめ、塩素系薬剤や細菌その他諸々の物質と思われます。

この数字を見るとハノイの水道水を飲むことは躊躇してしまいます。このECの値は、浄水器や

フィルター等でどれほど不純物が取り除かれているか測定する目安にもなります。

 一方ORP(酸化還元電位)の値ですが、以外にも㈱ファインファームの水道水より酸化の値が

低かったです。㈱ファインファームの水道水のORP値は酷い時には+500mvを超えますが、

平均すると+400mv超です。この数字だけを単純に見るとベトナムの水道水の方が錆び難い

水ということになります。因みに弊社取扱いの水素水サーバーから出る水素水のORP値は、

-400~-600mvです。

 普段飲んでいる水を美味しく感じたり、不味く感じたり、臭いが気になったり、お腹を壊したりと

様々ですが、数値を通して水の性質を知ることはとても大切なことです。軟水・硬水という指標も

使われますが、料理に会う水、合わない水を知ることで料理の仕上がりが違ってきます。

 ご自宅に設置している浄水器で本当に不純物が取れいているのか?、還元水は本当に

還元電位がマイナスなのか?、気になっている方は多いはず。

 無料で水の出張測定サービスを行っていますので、気になる方は是非一度ご連絡下さい。